注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅と建売住宅の違いは、自分の好みで建てられているか否かです。

注文住宅は使う資材、間取りや内装、外観に至るまでどのように設計をし、建てるのかをを考えていくことができます。

とにかく自由ですので予算が許す限り好きなようにすることができます。

ただ、一から建てるわけですから、出来上がるまでに時間がかかります。また考えていく過程で家についてある程度は勉強をしていかなくてはいけないこともありますし、希望を全て入れるとどんどん予算が膨れ上がってしまいます。予算にこだわることなく建築士にすべてお任せできれば問題ありませんが、大抵の方は予算というものがあると思います。どこの質を落として予算内に収めるのか、楽しいですが、労力も要り、結構大変です。また設計の段階ではすべてが想像の中ですので、出来上がった時にイメージが違うということもあります。

建売住宅の場合はもうすでに出来上がった状態で売られているわけですので、自分の好みに合う家を選ぶだけで
、時間もかかりませんし、一から建てるよりも楽かもしれません。値段もきちんと決まっていますので、決めやすいです。

注文住宅は自分の希望が全て入っているため、出来上がった家に対して不満はないと思います。

建売住宅は自分の希望に少しでも合うものを出来上がった中から探すだけということです。

予算がある限り、家の仕様など全てのものが自分の希望に添うかといえば、難しいでしょう。

何かは我慢しなければいけないのはどちらも同じです。注文にしても建売にしてもどちらが良い、
悪いということはありません。自分の納得のいく方を選んでください。

前の自宅のローンが残っている場合は?

初めて住宅を購入するのではなく、住み替えを検討している方で、ローンの残債が残っている人でも、
家を売買することは可能です。
※もちろん、審査があります。

その場合は、以下のページを参考にしてみてください。

家の住宅ローンが残っている!※売れる?