注文住宅を木造住宅で建てた方がいい理由について

注文住宅の構造は木造住宅以外にも、鉄筋コンクリート造や鉄骨造があります。

洪水の危険のある場所や、台風等の通過が頻繁な地域では、鉄筋コンクリート造の注文住宅もありえます。

また、安価なプレハブ住宅は鉄骨でできています。しかし、一般的な注文住宅は木造住宅が最適と言われています。

その理由は、日本は木材の供給量が多く、材料の調達が容易にできることが挙げられます。

さらに、湿気の多い日本の風土では、風通しの良い家を建てることができる木造住宅が適しています。

さらに、木造住宅は、鉄筋コンクリート造や鉄骨造と比べて増改築が容易なので、生活スタイルの変化に対応できる点が挙げられます。

また、日本には木造軸組み工法の伝統があり、それを継承する大工を中心とした組織としての工務店が充実している点が挙げられます。

これらの理由により、日本においては木造住宅が最も適した住宅の工法であると言われています。

木造住宅でも、2×4工法は、木造軸組み工法の利点を持っていないので、選択には注意が必要です。

木造軸組み工法の弱点は、地震に強い伝統木工法が法律で認められていないことです。

建築基準法では、木造住宅には筋違い等の耐震壁を設置しなければならないことになっていますが、日本の伝統木工法では力が集中しすぎることを理由に、
筋違いは用いていません。

現在の木造に関する建築基準法の構造規定は工法的に不完全なために、
住宅の強度を低い水準に留めています。

木造軸組み工法の耐震性を高めるためには、床の剛性を高くし、2階の壁の下には1階にも壁を設け、直下率を高めることが必要となります。